妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

妊娠すると免疫力は落ちる?

妊娠すると風邪を引きやすいとはよく聞く話ですが、それは免疫力の低下が原因です。この原因と、妊娠中に免疫力の低下を少しでも防ぐためにできることについてお話ししていきます。

 

なぜ妊娠すると免疫力が下がるのか

妊娠するということは、自分とは違う遺伝子を体の中に受け入れるということです。本来は、自分とは違うものが体の中に入ってきてしまった場合は、免疫機能が働いて異物を排除します。女性の体にとっては受精卵は異物です。半分は配偶者の遺伝子になるので、免疫力が強く働いていれば、受精卵は排除されてしまいます。女性の体には妊娠を維持させる働きがあります。維持させる女性ホルモンの働きが、体の免疫力を弱め、せっかくの受精卵が排除されないようにするのです。妊娠すると免疫力が弱まるのは、妊娠を維持させる働きのためなのです。ちなみに、免疫には2種類あります。おたふくかぜや水疱瘡のように一度かかると二度とかからない、という種類の免疫を「液性免疫」と言います。液性免疫は妊娠しても弱まることがありません。妊娠で弱まるのは「細胞性免疫」です。免疫を担う細胞や物質の働きが妊娠中には低下してしまうため、妊婦さんは風邪をひきやすくなるのです。

 

免疫力が低下すると

妊婦さんの免疫力が低下することは、赤ちゃんのこと以外では良いことではありません。まず、風邪をひきやすくなります。風邪をひいても妊娠中は薬が飲めない場合がありますので、自力で治す努力が必要になります。免疫力が低下することによって、病気にかかった場合に悪化する恐れがあります。特に持病をお持ちの方は注意が必要になります。妊娠中に免疫が低下するのは、おなかの赤ちゃんの事を考えれば仕方のないことです。ですが、免疫力の低下によって母体が体調不良になるのは、赤ちゃんのためにも望ましいこととは言えません。必要以上に免疫力が弱まらない注意が必要になります。

 

免疫力を保つためにできること

免疫力を保ち、風邪や病気から妊婦さんが身を守るためには、3つの注意点が必要になります。

 

○手洗い、うがいをきちんとする

風邪をひかないためには、風邪の原因菌やウイルスが体内に入ってくるのを避けなければなりません。うがいや手洗いで、体内にウイルスが入り込んで増殖するのを防ぎましょう。

 

○食事に気を付ける

葉酸の含まれているものや、ビタミンCの含まれている食べ物を摂るようにして、体の内側から風邪や病気に対する抵抗力をつけましょう。葉酸は、赤ちゃんの発育にも欠かせないといわれている栄養素です。

 

○便秘を解消する

腸には全身の免疫細胞の60%~70%が存在しています。便秘は腸内環境を悪化させてしまいます。腸内環境が悪化するということは、ただでさえ妊娠中のために働きが低下している免疫細胞が、さらに働きを悪くするということです。便秘を解消するには、十分な水分を摂取すること、腸内の乳酸菌やビフィズス菌の働きを助けてくれる食物繊維やオリゴ糖などの食品を摂取すること、乳酸菌やビフィズス菌を摂取して体内にいる乳酸菌やビフィズス菌の働きを助けることという注意が必要になります。

 

免疫力が向上しすぎて流産したりはしない?

薬などでいきなり免疫力を上げるのとは違い、経口摂取する栄養素で免疫力を上げる場合には、体の中で調節されるようです。妊娠中の方なら妊娠を維持させるホルモンの働きによって「向上しすぎで流産」ということは防がれます。実際に口から栄養を摂取することによって「免疫力が向上しすぎて流産する」という報告はありません。つわりのときは食べられるものと食べられないものがはっきりと分かれてしまいますが、つわりが終ったら無理のない範囲で風邪をひかないように免疫力を上げる努力をしましょう。