妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

腸内環境改善のために積極的に摂っていきたい乳酸菌には、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」が存在しています。ここでは、この2つにどんな違いがあって、どのように使い分ければよいのかについてお話していきます。

 

動物性乳酸菌とは

動物性乳酸菌は、動物の乳の中に生息する乳酸菌で、動物の乳に含まれる乳糖をエサにします。ほかの菌とは共存できず、生息環境も乳の中に限定されます。食品としてはヨーグルト、チーズなどに含まれています。バターも乳酸菌発酵させた発酵バターがヨーロッパを中心に使われています。

摂取した場合、腸に届くまでに死滅してしまうものがほとんどです(プロバイオティクス効果があるものは、生きて腸に到達します)。また、栄養に富み、温度も程よいところで生育する動物性乳酸菌は環境の変化に弱く、他の菌と共存ができないという特性を持っています。こう言うと、ひ弱なイメージの動物性乳酸菌ですが、死んで死菌になった動物性乳酸菌は、もともと人間の腸内にいる乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、数を増やしたり活性化させたりする効果があり、腸内の美化に役立ちます。

さらに、人間の口の中にも乳酸菌が生息していますが、酸にも弱い特性のため、自分で出す乳酸が一定の量になると死んでしまいます。口の中が酸性になってしまうと、虫歯の原因になります。乳酸菌は悪玉菌を殺す酸を作り出しますが、酸に弱い特性のため、歯に影響を与えるPhに口の中がなることはありません。その前に死んでしまうからです。動物性乳酸菌は弱い乳酸菌ですが、それゆえに果たす役割のちゃんとある乳酸菌なのです。

 

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌とは、植物の表面に付着している乳酸菌の事です。食品としては、漬物や納豆、味噌などに含まれています。植物性乳酸菌は、植物の持っているブドウ糖や果糖、ショ糖や麦芽糖をエサにして増殖します。植物は雨に打たれますし、カンカン照りにもさらされます。温度変化や酸、アルカリなどの環境にも強く、他の菌と共存が可能なのが植物性乳酸菌です。種類も多く、動物性乳酸菌の約10倍の種類があります。野菜に付着しているので、野菜に塩を振っておいておくと乳酸菌発酵を起こします。漬物ができるのは、乳酸菌のおかげです。漬物は日本だけのものではなく、韓国のキムチやドイツのザワークラウトも乳酸菌の働きによるものです。過酷な環境で棲息している植物性乳酸菌は腸に到達するまでの生存率が高いのが特徴です。

胃酸や胆汁の強い酸に負けず、温度変化にも負けずに腸の下部まで届くという特徴があるため、動物性乳酸菌よりも高い効果が期待されています。腸管粘膜には免疫抗体が多く存在します。植物性乳酸菌は生きて腸までたどり着く割合が大きいため、腸管免疫系に特に影響を与えるとして注目されています。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の使い分け

それでは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、どちらを摂ったら良いのでしょうか。2種類の乳酸菌はそれぞれ働きが異なります。動物性乳酸菌は腸に届くまでに死んでしまうことが多いのですが、死んでも腸内細菌や植物性乳酸菌の働きを助けます。植物性乳酸菌は生きて腸まで届くので、腸管免疫を助けたり腸内環境や便秘を改善したりする働きに優れています。

どちらにも長所があるので、どちらかに偏らず、バランスよく摂取するようにしましょう。どちらの乳酸菌も、赤ちゃんから妊婦さん、高齢者の方まで摂取できて副作用もありません。生活の中に昔から根付いてきた有用細菌の力を借りて、健康な腸でいられるようにしましょう。