妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

妊活・妊娠中は乳酸菌を上手く取り入れて、アレルギー症状を軽減しよう

現代人の多くの人が悩まされている「アレルギー」。代表的なものでいうと、花粉症などがありますが、症状が発症する時期になると薬が欠かせない人も多いのではないでしょうか?そしてこの時期、多くの妊活中・妊娠中の女性が薬との付き合い方について悩みます。ここでは、妊活・妊娠中のアレルギーの薬との付き合い方について、さらに乳酸菌摂取がもたらすアレルギー症状の軽減の効果についてお話ししていきます。

 

花粉症の薬は妊娠中も使えるか

ほとんどの花粉症の薬は妊娠中も使えます。ステロイドの点眼薬は医師から処方されなくなることもありますが、妊婦さんにも点鼻薬はステロイド入りのものも処方されることがあります。ステロイドは内服すると腎臓に負担をかけるため、内服薬としては妊婦さんには弱いものしか処方されません。けれど、このイメージが強いせいか、外用に関しても神経質になりすぎる傾向があるようです。市販薬は、病院で処方されるものほど成分が強くありません。そのために妊娠したからと言って市販薬が赤ちゃんの成長に害があるかというと、それはあまりないようです。

大多数の妊婦さんは、妊娠がわかると薬をやめてしまいます。妊活中でさえ薬をやめる人もいるくらいですが、薬をやめても、花粉症のつらい症状はずっと続いてしまいます。かかりつけの産婦人科医の先生に相談して、きちんと処方されたものであれば服用して問題ありませんので、まずは病院で相談してみると良いでしょう。

 

アトピー性皮膚炎の薬は妊娠中も使えるか

痒みを止めるための外用薬に使われるステロイドは、弱いものなら妊娠中の使用も問題ないといわれます。強いステロイド外用薬は、赤ちゃんの成長を遅らせるリスクが「少しある」といわれています。このことから、妊娠がわかるとアトピー性皮膚炎の薬も中止してしまう人がいます。妊娠すると免疫力が弱まる傾向があるので、妊娠中に薬の外用をやめた場合は十中八九悪化しがちです。内服ステロイドも一般的な服用量であれば、問題ないと言われています。一部の文献では赤ちゃんの奇形リスクが高まるという声もあるようですが、日本でステロイド内服によって赤ちゃんの奇形が増えたという報告はありません。そのため、内服・外服も含め、お医者さんの指導の下でステロイドを服用すれば、問題ないでしょう。

妊娠中に、アトピー性皮膚炎が悪化すると、妊婦さんのストレスが増大します。妊娠中のストレスはお腹の赤ちゃんにとっても良い影響を与えませんので、無理して独断で薬絶ちをするよりも、お医者さんの指導の下で治療を継続していけると良いでしょう。それでも心配な場合は、アレルギー科の先生・産婦人科の先生2人の先生の意見を確認しながら薬を服用していくと良いでしょう。また、アレルギー体質を改善する効果のある乳酸菌の力を借りて体質改善を図るのも一つの方法です。

 

アレルギー症状を軽減する効果のある乳酸菌

・LKM512株

・GCL1176株

・クレモリスFC株

・KW3110株

・LGG菌

・K-2株

・L-55株

・L-92株

・ロイテリ菌

・BB536株

・シロタ株

 

これらの乳酸菌は、lgA抗体の量を増やす働きがあります。lgA抗体とは、腸から粘膜に分泌される抗体で、多く分泌される人はアレルギーの発症率が少ないことがわかっています。アレルギーは免疫の誤作動といわれます。乳酸菌で腸内環境を整えることにより、免疫の誤作動をガードし、抗体のバランスを整えることによって症状を緩和する働きがあるのです。

乳酸菌にはその人の腸内細菌叢との相性がありますので、2~3週間続けてみて効果がない場合は、他のものを試してみましょう。妊婦さんが腸内細菌叢を整え、善玉菌がたくさんいる腸にしておくことは、やがて生まれてくる赤ちゃんに善玉菌をたくさん送るれることにもつながります。親が赤ちゃんにしてあげられる最大の贈り物は、「名前」だといわれています。お母さんだけがあげられる贈り物は、赤ちゃんの腸内環境です。自分のアレルギー症状の緩和と赤ちゃんの腸内環境のために、乳酸菌生活を始めてみてはいかがでしょうか。