妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

乳酸菌・ビフィズス菌をヨーグルトで摂るメリット、デメリット

乳酸菌やビフィズス菌を摂取する際には、サプリメントから摂取する方法と普段の食事から摂取する方法の2パターンがあります。ここでは、ヨーグルトで乳酸菌を摂取する際のメリット・デメリットについてお話していきます。

 

ヨーグルトで乳酸菌・ビフィズス菌を摂取するメリット

IMG_5660

ヨーグルトで摂取する乳酸菌やビフィズス菌は腸にたどり着くまでに胃酸や胆汁で死滅するという調査結果が少し前までのヨーグルトに対する評価でした。最近ではヨーグルトに含まれている乳酸菌でも、腸に生きて届くプロバイオティクス効果のあるものがあります。プロバイオティクス効果のあるヨーグルトは腸の中で一定以上の腸内環境改善効果を期待することができます。

ヨーグルトを摂取することのメリットは、乳酸菌やビフィズス菌の摂取だけでなく、ヨーグルトに含まれるさまざまな栄養素を摂取できる点にあります。ヨーグルトに足りない栄養素は食物繊維だけ、ともいわれることもあるほど栄養豊富な発酵食品は、体にさまざまな良い影響を及ぼします。総合食品に近いので、つわりなどで食欲が落ちている妊婦さんにもおすすめの食品です。

また、バイオジェニックスの考え方でもメリットがあります。バイオジェニックスとは、乳酸菌が生産する物質を直接摂取することによって腸内に確実に効果を及ぼす狙いのものです。ヨーグルトにはそもそも乳酸菌生産物質が含まれていますので、バイオジェニックスのサプリメントには及ばないまでも、乳酸菌生産物質の効果を期待することができます。

 

ヨーグルトに含まれる栄養素

ヨーグルトは豊富な栄養素を持っています。中でも豊富なのが、筋肉や粘膜を作るうえで欠かせないビタミンB2、カルシウム、モリブデンです。ビタミンB2は脂肪を燃焼させたり筋肉を作ったり、体の各部分を形成するのに欠かせない役割を持っています。カルシウムは骨の形成に欠かせないだけでなく、精神を安定させる働きもあります。モリブデンは「血のミネラル」と呼ばれるミネラルで、血液の生成に関わる栄養素です。カルシウムが欠乏すると骨粗しょう症、情緒不安定になり、モリブデンが欠乏すると痛風になりやすくなったり、貧血を起こしたりします。モリブデンを過剰に摂取すると銅欠乏症になりやすくなりますが、ヨーグルトには微量ながら銅も含まれています。カルシウムやモリブデンは、1食あたりに必要な量の3分の2を、120gのヨーグルトで摂ることができます。

 

ヨーグルトで乳酸菌・ビフィズス菌を摂るデメリット

ヨーグルトに含まれる乳酸菌・ビフィズス菌量は100g中に100億個前後といわれています。もちろん、メーカーや製品によって差はありますが、摂取した乳酸菌が有効に作用するためには、死菌だと毎日1兆個以上を摂取する必要があるといわれています。安定して供給できるサプリメントよりも乳酸菌やビフィズス菌が摂取しにくいということが最大のデメリットです。生菌の摂取量目安はまだわかっていませんが、ヨーグルトそのものだけで乳酸菌が足りない分を賄うことは難しく、あくまで現在の腸の状態維持のために食べるものだということができます。また、牛乳アレルギーのある方は食べることができません。妊婦さんが食べる際には、あまり冷たくしすぎず、おなかを冷やすことがないように注意が必要です。