妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

乳酸菌・ビフィズス菌をサプリメントで摂るメリット、デメリット

乳酸菌やビフィズス菌はサプリメントから摂取する方法と、普段の食事から摂取する方法の2パターンがあります。ここでは、サプリメントで摂取する際のメリット・デメリットについてお話していきます。

 

サプリメントのメリット

サプリメントは、安定して大量の乳酸菌やビフィズス菌を腸内に摂りいれることができます。これは最大のメリットです。サプリメントの技術も進んできており、死菌をたくさんの量摂取できるサプリメントから生菌を生きたまま小腸や大腸へ届けられるものまで、さまざまです。乳酸菌の種類も狙って摂取することができますので、より顕著な効果が期待できます。

乳酸菌もビフィズス菌も、もともとヒトの腸内に生息しているものです。外から摂取した乳酸菌やビフィズス菌はヒトの腸内に棲みつくことはありませんが、生きて届くものならば腸内で一定期間働くことを期待することはできます。腸内の環境悪化によって数が極端に減ってしまったときにサプリメントは威力を発揮するといえるでしょう。

死菌は腸にもともといる乳酸菌やビフィズス菌のエサとなることで働くことができます。また、免疫力を高める働きは生菌よりも死菌のほうが高いということもわかっています。目的別・腸内の環境別に狙って使い分けることができるのも、サプリメントの大きなメリットといえるでしょう。

 

バイオジェニックスという考え方

現在、乳酸菌のサプリメントは新しい局面を迎えています。それが、「バイオジェニックス」という考え方です。バイオジェニックスとは、乳酸菌が腸内で作り出す有効成分を直接摂取するという考え方です。乳酸菌そのものが腸内で便秘を解消するために働くのではなく、乳酸菌が作り出す成分が腸内環境を整える働きがあるからです。

消化管内の環境は菌にとってはたいへん過酷です。胃酸や胆汁による死滅、腸に到達したとしても定着されないままの排出と、乳酸菌やビフィズス菌が危険にさらされるような環境だからです。そのため、腸内にたどり着くのはすべてではなく、定着しないという特性があるために毎日摂取しなければなりません。摂取しても、きちんと働けるかどうかは腸内のコンディション次第です。バイオジェニックスの考え方は、乳酸菌生産物質を直接摂取することによってダイレクトに腸内環境に働きかけようというものです。乳酸菌生産物質は胃酸や胆汁で死滅することはなく、腸まで届いて定着すると考えられています。既にマウスの試験では複数の有効な機能があることが証明されています。これからサプリメントの主流になるかもしれない乳酸菌生産物質は食事からは摂取できません。サプリメントの大きなメリットになりそうです。

 

サプリメントのデメリット

サプリメントは医薬品ではありませんので、医薬品並みの効果を期待することはできません。乳酸菌やビフィズス菌は、人によって合う・合わないがあります。自然の食物から摂る場合は、さまざまな種類の乳酸菌が付着していることが多いので、どれかは合わなくてもどれかは合う、というあいまいさが腸内環境を救っている一面があることは無視できません。合う・合わないもすぐに分かるものではありませんので、2~3週間は同じものを連続してみるのが良いでしょう。下痢などの症状が出た場合には飲むのを中止してください。

食品にはたくさんの栄養素があります。栄養素は人間の体を保つのに必要な多くの役割をはたしていますが、サプリメントだけでは栄養素を摂取することはできません。サプリメントだけに頼らず、日常の食事のバランスにも十分気を付けましょう。