妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

プロバイオティクスの効果

腸内環境を整えて便秘を解消するためには、さまざまな方法が存在していますが、その中でも近年特に注目され、また科学的にも根拠がある方法が、「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」です。ここでは「プロバイオティクス」の効果についてお話していきます。

 

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、細菌の力を借りることで腸内フローラのバランスを改善し、体に良い作用をもたらすことです。プロバイオティクスの代表的なものは乳酸菌やビフィズス菌や納豆菌で、これらを直接体内に取り入れることをプロバイオティクスと呼んでいます。体の不調を改善するには、アンチバイオティクスというのが今までの考え方でした。アンチバイオティクスというのは、細菌を殺すことによって不調を取り除く、抗生物質の考え方です。しかし、アンチバイオティクスには“体にとって有効な菌も殺してしまう”という欠点がありました。プロバイオティクスの考え方だと、有用菌は殺さない上に耐性菌も出現しないため、現在はプロバイオティクスの考え方も強く推し出されはじめています。

 

プロバイオティクスの条件

ヨーグルトから摂るにしろ、サプリメントから摂るにしろ、プロバイオティクスとなりうる菌には条件があります。すべての乳酸菌やビフィズス菌がプロバイオティクスになれるわけではありません。腸内には約500種類の腸内細菌が生息していますが、一定の条件をクリアしたした腸内細菌だけがプロバイオティクスだと認められるのです。スーパーなどで売られているヨーグルトにも、プロバイオティクスの条件を満たしているものは、パッケージに「プロバイオティクス」と書かれていたり、「生きて腸まで届く乳酸菌入り」という表現がされているので、比較的簡単に手に入れることが出来ると思います。

 

プロバイオティクスの条件は、以下の通りです。

・安全であること

・もともと腸内にいる菌であること

・生きたまま腸に到達すること

・小腸下部や大腸で増殖できること

・有用効果が明らかであること

・食品などの形で摂取できること

・安価で取り扱いが難しくないこと

 

ヨーグルトなどのほかに、ぬか漬け、納豆、味噌なども腸まで届く植物性乳酸菌が含まれているため、酸に強く腸まで届くプロバイオティクス食品ということができます。植物性乳酸菌は胃腸で消化されにくいので腸まで届く確率が高いものです。プロバイオティクスには一定以上の効果が認められているため、薬として処方されているものもあります。乳酸菌なら何でも「プロバイオティクス」と言っていいのかといわれると、そんなことはありません。きちんと「プロバイオティクス効果が認められている」という旨の記載がある製品を選びましょう。

 

プロバイオティクス効果が認められている乳酸菌・ビフィズス菌

食品から摂るにせよ、サプリの形で摂るにせよ、プロバイオティクス効果のある乳酸菌は以下の通りです。

 

○ラクトバチルス・プランタラム

○ラクトバチルス・ブレビス

○ぺディオコッカス・ベントサセウス

→植物性乳酸菌で、野菜の表面に付着しているため、漬物に多く含まれています。整腸作用が高く、コレステロールを低下させる働きもあります。

 

○ラクトバチルス・カゼイ(カゼイ菌)

→便の中に生きたまま排出されることがあるほど、酸や胆汁への耐性が強い菌です。便秘の予防・改善に効果的で、ウェルシュ菌などの腸内有害細菌を減少させる働きもあります

 

プロバイオティクス菌を摂る上での注意点

プロバイオティクス効果が認められている菌は、次のような摂取の仕方に気を付けると、より腸まで届く割合が大きくなります。

 

○食べるタイミングは食後がベスト

乳酸菌やビフィズス菌が胃酸で殺されないために、胃酸が一番薄まっている食後に食べることをおススメします。

○食物繊維やオリゴ糖を同時に摂取する

食物繊維やオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌の栄養分となる成分です。つまり食物繊維やオリゴ糖を同時に摂取することで、よりプロバイオティクス菌の働きが活性化して、良い効果が期待できます。