妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

子宮の健康のバロメーターは血の巡り

妊活中の女性・妊娠中の女性にとって「体の冷え」は大敵です。そして「体の冷え」というのは普段の服装や食事が影響することはもちろんですが、便秘も「体の冷え」を生み出す原因の1つです。子宮というのは本来柔らかい筋肉でできているのですが、体が冷えている女性の子宮は固くなっています。そして、この状態こそが妊活・妊娠にとって悪影響を及ぼしているのです。

 

「体の冷え」は妊活の大敵

妊娠を望む女性にとって、「体の冷え」が妊娠に悪影響だということは、広く知られるようになってきましたが、実際に体が冷えるとどのような現象が起きるのでしょうか?まず、冷えというのは血行が悪くなることによって起こります。血行が悪くなる代表的なものは肩こりですが、子宮も筋肉のため、全く同じ現象が起こります。子宮は平滑筋という柔らかい筋肉でできているのですが、血行が悪くなり体が冷えることによって、がちがちに固くなってしまいます。柔軟性を持たない子宮になってしまう上に、体温もあまり上がらないために子宮内の温度も下がります。そうなると卵巣も冷えて健康な卵巣が保たれにくくなるため、妊娠する確率を下げてしまうのです。肩は、同じ姿勢を長く取っていると凝りやすくなります。子宮は肩ほど日常的に筋肉を動かすことにはなりませんので、筋肉の疲れや同じ姿勢でいることの弊害とは関係なく、ほぼ血流のみが子宮の冷え具合を左右しているのです。妊娠しやすい子宮は、一定の温度があり、柔軟性に富んでいることです。冷えはまず、妊娠の大敵になります。

 

妊娠中の冷えが及ぼす影響って?

妊娠後、子宮内に赤ちゃんがいる状態で血行が悪くなるとどうなるでしょうか。

 

○母体への影響

まず母体への影響ですが、血行が悪くなるとおなかが張りやすくなったり、腰痛、脚のむくみ、足がつりやすくなるなどの不調が起きます。切迫流産、切迫早産、逆子につながるという説もあります。微弱陣痛、陣痛の痛みを強く感じてしまうことにもつながります。体が冷えると痛みに鋭敏になるからです。

 

○赤ちゃんへの影響

母体の血行が悪いと、赤ちゃんの血行も悪くなります。血行が悪い状態で大きくなると、湿疹が出やすい体質になってしまったり、神経質で夜泣きがひどい状態になってしまったりという傾向があります。血行が良くないというサインは、胎動に表れます。 冷えている時のサインは、赤ちゃんの動きに表れます。胎動がひどくなったり、しゃっくりが続くこともあります。慢性的な冷えばかりが原因ではなく、冷たいものを食べたりしても同様の状態になるので、妊娠中は赤ちゃんのためにも冷えを予防することが大切です。

 

血行と腸の関係のこと

冷えて粘性の高まった血液は、どろどろになり、スムーズに血管内を流れなくなります。栄養分や酸素を運んできてくれる血液がリズムよく流れてこなければ、全身の細胞に運ばれるべき酸素や栄養が不足します。血液を実際に作るのは肝臓だったり骨髄だったりしますが、血液の質を高めるのは腸だといわれています。腸から吸収する栄養素が、血液のもとになるからです。腸が汚れていて、必要な栄養分が吸収できない場合は血液の質は悪化します。腸が血行不良になってしまうと、腸が囲んでいる子宮も温度が下がります。子宮の冷えは、よりよい赤ちゃん育てや妊娠に大きな影響を及ぼすものです。腸の血行不良の原因、それが便秘です。

便秘とは、腸管に便が詰まる状態のことです。詰まった便によって圧迫された部分は血流が悪くなります。消化管はつながっていますので、一部分の冷えにとどまらず、腸全体が血行不良の状態となります。便秘を解消するためには、まず腸内細菌のバランスを善玉菌優位に取り戻すことです。小腸には乳酸菌、大腸にはビフィズス菌に代表される善玉菌を元気にするには、口から乳酸菌やビフィズス菌を入れ、おなかの中にもともといる菌が活性化できるようにするのが一番です。口から取り込んだ乳酸菌やビフィズス菌は、腸内に根付いて活動するわけではありません。腸内細菌が活動しやすい状態になる手伝いをするのですが、それでも大きな効果があります。腸の血行を整え、妊娠の大敵である便秘から脱却しましょう。