妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

善玉菌と悪玉菌について

妊活のために腸内環境を整えるにあたって、善玉菌と悪玉菌という菌の名前を頻繁に聞くことがあります。腸内環境を整えるためには善玉菌と悪玉菌のバランスが重要となり、悪玉菌が増えると腸内環境の悪化や便秘、免疫力の低下につながり、妊娠するために不利なります。ここでは腸内最近のバランスについてお話していきます。

 

善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌は腸内に棲む細菌です。腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌と呼ばれる細菌が生息しています。この3種類は、それぞれの細菌が持つ役割について便宜的に分ける呼び方で、本来の名前はそれぞれに違います。

 

○善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌に代表される細菌です。ほかに、納豆菌、酵母菌、麹菌などが挙げられます。

・ビタミンやホルモンを作る

・免疫を活性化する

・腸の蠕動運動を促す

・消化吸収を助ける

などの働きがあります。

 

○悪玉菌

ウェルシュ菌や有毒株の大腸菌、クロストリジウムなどが挙げられます。有害物質を発生させ、腸内に腐敗物をため込むことによって便秘や下痢を起こします。

・腸内環境を悪化させる

・免疫力を低下させる

・風邪や胃腸炎への感染率を高める

・発がん性物質を作り出す

などの働きがあります。

 

○日和見菌

バクテロイデスや無毒株の大腸菌、連鎖球菌などを指します。善玉菌が優位なときは何もしませんが、悪玉菌が優位になると腸内で悪玉菌のような働きをします。悪玉菌が多くなると一斉に悪玉菌の味方になるため、腸内環境はあっという間に悪化します。

 

なぜ腸内細菌のバランスは重要?

腸内細菌の生息範囲と、量には制限があります。成人で1㎏~1.5kgの腸内細菌がいると言われます。その量の範囲の中で腸内細菌は日々勢力争いを繰り広げています。善玉菌の出す酸性物質は悪玉菌には棲みにくい環境を作り出し、悪玉菌の出すアルカリ性の物質は善玉菌の棲みにくい環境を作り出します。人間の腸にとって良い環境とは、善玉菌が優位な腸です。ところが、悪玉菌がゼロになればいいかというと、決してそのようなことはありません。悪玉菌と戦うことによって善玉菌はその効果を発揮するからです。悪玉菌も善玉菌もいて、なおかつ善玉菌の多い状態が腸にとってはベストです。そのため、「バランスが重要」という言い方がされます。

 

理想とされるのは、

・善玉菌:2割

・悪玉菌:1割

・日和見菌:7割

のバランスです。日和見菌の割合は腸内環境に関わらず変わりません。残りの3割のバランスの中で善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしているのです。

 

善玉菌と悪玉菌、年齢による推移

赤ちゃんが生まれた時は、お腹の中には細菌はいません。すぐに細菌はお腹の中に増えていきますが、生後1週間ではお腹の中はビフィズス菌だらけになります。離乳食が始まるとビフィズス菌は減り、悪玉菌が急激に伸びていきます。それでも、青年期までは悪玉菌は少なく、老年期に差し掛かると悪玉菌が増えていきます。これは、胃腸の働きが低下してくるためだと考えられています。悪玉菌が多い腸というのはいわば「老化した腸」です。加齢だけではなくストレスによっても悪玉菌は増え、「老人型」の腸になります。ストレスを感じるとビフィズス菌が急減し、悪玉菌はふえ、また元に戻るには1週間くらいかかります。赤ちゃんを産む体は、実年齢に関係なく「若さ」が必要です。たとえ実年齢が若くても、腸が「老人型」ならば体内環境は若くありません。腸内環境を整えることは、体内環境を若く保つことにもつながるのです。