妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

妊活の基本は「冷え」の解消~基礎体温を上げるために出来ること

妊活中の女性にとって「体の冷え」は大敵です。妊娠しやすい体作りのためには、「体の冷え」を解消し、基礎体温を上げることが重要です。ここでは、その方法の1つとして「腸からのアプローチ」についてまとめました。食生活を見直す・自律神経を整える・便秘を解消する・乳酸菌のチカラを借りる、など「体の冷え」を解消するために出来ることはたくさんあるので、ぜひ日々の習慣を見直してみてください。

 

「冷え」は自律神経が作り出す?

冷えは、血液の流れが悪くなっている状態です。血管が縮こまって細くなってしまっていたり、血流が悪かったりすることが冷えを呼びます。人間の体は十分な血液が巡ることにより、体に酸素や栄養が送られる仕組みになっています。つまり、冷えというのは、体に十分な酸素や栄養が送られにくい状態を生み出すことにつながり、体の機能自体を落とすことにもなりうるのです。

血液の流れは自律神経が調節するものです。自律神経失調症になると冷えになりやすく、冷える人は自律神経失調症になりやすいという相互関係もあるほど、自律神経と冷えは密接な関係を持つのです。冷えてしまうと、自分では熱が生み出せなくなるため、外から熱を取り込む状態に頼ることになります。そして、困ることに冷えは不妊の原因になるのです。

 

「体の冷え」が妊娠しづらさにつながる

低体温という言葉を聞いたことがあるでしょうか。低体温とは、体温が35℃台~36.2℃以下の場合を指します。体内酵素が最も活発に動くのは36.6℃から37.0℃の間といわれていますので、体温が低いことは体内酵素が活発に働かず、体の機能調整がうまくいかないことにつながります。

そして体が冷えると、卵胞刺激ホルモンが分泌しにくくなります。卵胞刺激ホルモンが十分に分泌されないということは、排卵障害を引き起こす原因となってしまいます。赤ちゃんが欲しくても、排卵障害を起こしてしまうと妊娠しづらい体になり、さらに卵胞刺激ホルモンが分泌しづらい状態は、生理不順や卵巣機能そのものの低下などを引き起こす原因にもなってしまいます。昔から「女の子は体を冷やすな」と言われるのにはきちんとした理由があったのです。

冷えは日々の食生活や生活習慣の改善によって、改善されやすい症状の1つでもあるので、妊活中女性は「体の冷え」を意識した生活を送れることが理想的です。

 

基礎体温を上げるための「腸活」

「体の冷え」を改善し、基礎体温を上げるための方法の1つとして、腸からのアプローチがあります。腸は、全身の免疫システムの60%~70%を締める免疫細胞を抱えています。そのため、腸の環境が悪くなると肌荒れや冷えに結びつきます。腸は自律神経の働きに影響する器官です。腸の働きが悪いことは、自律神経のバランスを崩すことにつながり、ひいては冷えに影響してしまうからです。

「冷えを改善するには、朝には1杯の温かい味噌汁」という昔の人の知恵もあります。温かいものを朝飲むことは、体を中から温めることにつながります。味噌には植物性乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は腸内環境を整え、自律神経に良い影響を与えます。乳酸菌は25℃~30℃の状態でよく働きますが、もちろん味噌汁はそれより上の温度になります。温める段階で乳酸菌は死んでしまいますが、死んだ乳酸菌(死菌)にも腸を整える効果があります。朝、1杯の味噌汁を飲むことが基礎体温を上げることにつながるという知恵は、乳酸菌が腸を整える効果も加味したものです。

 

基礎体温を上げるために便秘を解消

便秘も冷えの原因になることがあります。日本人の女性は、2人に1人が便秘であるという報告もあります。便秘は腸管に便が詰まって圧迫し、悪玉菌が増えて内容物が腐敗することで生まれる腐敗物質が血液中に流れ出す原因となります。代謝も血行も悪化させる便秘は、冷えの原因になります。基礎体温が低く、便秘気味だという方は一刻も早く便秘を解消して善玉菌優位の腸になることが妊娠しやすい体作りの第一歩になると考えられます。便秘は、毎日の食生活によって改善可能です。乳酸菌を摂取することによって腸内の善玉菌をふやし、腸から冷えを改善していきましょう。