妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

赤ちゃんのアレルギー発症率は乳酸菌で低下する

現在、子供にも増えている「アレルギー」。1度発症してしまうと、大人になっても何かしらのアレルギーと付き合っていくリスクが高くなるので、できることなら大切な赤ちゃんをアレルギー体質にしないようにしてあげたいですよね。ここでは、赤ちゃんのアレルギー体質のリスクを少しでも低くするために乳酸菌が有効であることについてお話していきます。

 

アレルギーとは?

アレルギーは、体内の免疫細胞の誤った活性化が原因で起きる症状で、現代社会では国民の3人に1人が何かしらのアレルギーを持っているといわれています。異物に対してかゆみやじんましんなどが起こり、自分の細胞組織を傷つけてしまうことにつながることがあります。異物が入ってくると、ヘルパー細胞という免疫細胞が体内で反応します。ウイルスや細菌感染から守ってくれるTh1と、アレルギー源に対して必要な免疫作用を行ってくれるTh2です。アレルギーは、Th2が活性化しすぎてしまうことによっておこります。Th2は活性化しすぎるとTh1の働きを阻害し、免疫のバランスを崩します。

 

アレルギーには以下のようなものがあります

○食物アレルギー

○アトピー性皮膚炎

○気管支喘息

○アレルギー性鼻炎

○アレルギー性皮膚炎

○アレルギー性結膜炎

○花粉症

○じんましん

○アナフィラキシーショック

 

 

発症しやすいアレルギーは、成長過程によって異なる

発症するアレルギーは年齢によって異なります。花粉症を発症する赤ちゃんはほとんどいないですが、大人になると花粉症であることは珍しくないですよね。

 

○乳児期

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーが一番発症する年代です。卵、牛乳などのアレルゲンに対してじんましんや湿疹、下痢や咳などの症状が起きます。乳児期はこの食物アレルギーがアトピー性皮膚炎として発症してくることも多く、お母さんが赤ちゃんのアレルギー物質である食べ物を食べて、その後母乳をあげることで、赤ちゃんにアトピー性皮膚炎として症状が出るのです。

 

○幼児期

食物アレルギー及び、ダニ・ハウスダストによるアレルギー反応を起こすことが増える年代です。さらに、気管支喘息やアレルギー性鼻炎の発症率も徐々に増えていきます。

 

○学童期・成人

食物アレルギーは減少し、主なアレルゲンは、ダニ・ハウスダスト・花粉・カビなどに移行していきます。症状としては、花粉症、ハウスダスト、気管支喘息、アレルギー性鼻炎が増加します。

 

アレルギーは一度発症してしまうと完治することが難しいのがやっかいなところです。乳児期にアトピー性皮膚炎を持っている赤ちゃんは、将来的に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症などにかかるリスクが高くなるのです。牛乳や卵を食べない生まれたばかりの赤ちゃんでもアトピー性皮膚炎を発症することがあるのは、母乳を通してすでに赤ちゃが食物抗原をもらっているからです。

 

乳酸菌が赤ちゃんのアレルギーリスクを低くしてくれる

アレルギー症状を起こしてしまうTh2は、乳酸菌の中に入れると死滅します。生まれたばかりの赤ちゃんに乳酸菌を8週間摂取してもらった結果、多くに皮膚症状や痒みの改善が見られました。アトピー症状を持つ妊婦さんが妊娠時に乳酸菌を摂取した結果、乳酸菌を摂取していない妊婦さんに比べて、生まれた赤ちゃんのアトピー発症率が約半分になることがわかっています。

人間の免疫細胞は約6割が腸管に存在し、腸にいる善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)が活性しているかどうかが免疫に大きな影響を及ぼします。

 

効果のある乳酸菌は、以下の通りです。

・クレモリスFC株

・LKM512株

・L-92株

・ロイテリ菌

・KW3110株

・GCL1176株

食品として摂る場合にはプロバイオティクス効果の表示があるものを、サプリメントとして摂る場合には菌数の多いものを選んでください。