妊娠・妊婦さんの便秘の改善で赤ちゃんの免疫もアップ!

赤ちゃんの腸内環境について

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときには、腸内細菌はひとつも持っておらず完全に無菌状態です。ここでは妊娠中から生後の赤ちゃんの腸内細菌の変化についてお話していきます。

 

赤ちゃんの腸内環境

赤ちゃんは破水の瞬間まで完全な無菌状態に置かれています。腸の中にも腸内細菌はいません。生まれてくるときに産道を通るところから赤ちゃんの腸内環境は始まります。産道の中で、赤ちゃんの顔や口にはお母さんの持つ乳酸菌が付着します。腸内環境と産道は大変良く似ているといわれていますので、生まれてくると同時に赤ちゃんは腸内細菌がお母さんからプレゼントされることになります。その細菌たちは、赤ちゃんの口から入って消化管の中で大変な勢いで増えていきます。生後1日目にはすでに10の11乗個、1000億個にもなります。

生後3~4日経つと、お腹の中にはビフィズス菌が急激に増え始めます。初乳に含まれているビフィズス菌や乳酸菌が腸の中で順調に活動を始めた証拠です。ビフィズス菌は生後5日目に最大となり、母乳栄養児で腸内細菌の90%を占めます。その後、ビフィズス菌は減っていきますが、善玉菌(ビフィズス菌と乳酸菌)優位の状態は続きます。離乳食を始めると赤ちゃんの腸内細菌叢は徐々に大人のものに似ていき、1歳を過ぎるとほぼ大人と一緒の腸になります。赤ちゃんの時は腸内細菌の中でも善玉菌が圧倒的に優位なのですが、1歳を過ぎると腸内環境が悪化したための便秘や下痢が起きるようになります。

 

母乳栄養児と人工栄養児の違い

母乳栄養児と人工栄養児は、生後3~4日からのビフィズス菌の量が違います。これは、乳酸菌やビフィズス菌が母乳を介して赤ちゃんの体の中に入るからです。粉ミルクを使う人工栄養児はどうしてもビフィズス菌が母乳栄養児よりも少なく、大人の腸にいるような嫌気性細菌が多いのが特徴です。そのため、なるべく最初は母乳をあげられると良いのですが、帝王切開などでお母さんの体にダメージが大きい場合は、粉ミルクを上手に活用してください。今は粉ミルクも進化しているので、母乳由来の乳酸菌を強化してあるもの、お腹の中で乳酸菌やビフィズス菌が活性化しやすいようにしてあるものなど、さまざまな種類のものが売られています。粉ミルクを選ぶ際には、乳酸菌が入っているか、ビフィズス菌を増やす効果はあるかなどにも気を配ってみると、赤ちゃんの腸内環境を良くしてあげられるでしょう。

 

離乳食が腸内環境へ与える影響

離乳食を始めると、途端に赤ちゃんの腸内環境は変化していきます。次々に新しい食べ物が入ってくるのに胃腸の機能も順応していかなければなりません。離乳食の途中で便秘や下痢が起きるようなら、まだ赤ちゃんの胃腸がその食材になれていない証拠かもしれません。離乳食は、少し進んで戻って、という歩みをたどることも多く、教科書通りにはいかないものです。赤ちゃんの体調を見ながらゆっくり進めましょう。離乳食が始まると減ってくる善玉菌ですが、乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整えるだけでなく、赤ちゃんの免疫にも大きな影響を与えます。ビフィズス菌や乳酸菌が多い子のほうが免疫力がある子が多いため、風邪をひきにくく、ひいても軽く済むということがあります。

赤ちゃん用の乳酸菌のサプリメントはありませんが、噛んで食べられるおやつ感覚のタブレットは売られていて、乳児から食べることができるものもあります。離乳食に発酵食品やヨーグルトを摂りいれるのも良い方法です。離乳食が始まったら、赤ちゃんの腸内環境が少しでもよくなるメニューを取り入れてあげてください。